高野山の歴史

奥之院御廟で空海はいまも永遠の瞑想をつづけている

神に導かれた地 高野山

まもなく開創から1200年をむかえる高野山。2004年7月には、熊野、吉野・大峰とともに、ユネスコ世界遺産に登録されている。

この地は、 奈良時代から平安時代を生き、真言宗の開祖として知られる、日本仏教界の偉人、弘法大師・空海が修禅道場としてひらいた場所だ。

高野山は、当時も、また現在でも交通の便の良い場所とは言えない。「八葉蓮台(はちようれんだい)」と呼ばれる八つの山に囲まれた盆地であり、まさに山上にある。当時の都、平安京からは、少なくとも3日はかかる

なぜ空海はこの地を選んだのか?

都の華やかさから一定の距離を置き、人々の往来の少ない静かな山の中が僧の修行の場所として理想的だ、という現実的な理由ももちろんあっただろう。

それともうひとつ。高野山が選ばれた理由として、こんな逸話が残されている。

遣唐使として唐に渡り、2年をすぎて日本に戻る際、明州の港で、「唐で学んだ密教を広める、根本道場を建てるのにふさわしい場所をしめしたまえ」と、手に持っていた三鈷杵(さんこしょ)(密教法具のひとつ)を空中に投げ上げたところ、それは雲に乗って日本の方角へ飛んでいった。

日本に戻ったのち、道場にふさわしい場所を求めて諸国をまわっていると、奈良で白黒2匹の犬を連れた狩人に出会う。
狩人に「ふさわしい場所はないか?」と尋ねると、「この犬に案内させましょう」と言い、空海は2匹の犬に導かれるまま高野山へと向かった。

途中、夜を明かすために神社に立ち寄ると、夢枕に女神が立ち、「あなたがこの山に来られたのは私の幸せです。この山を永久に献上します」と告げられた。

高野山に着き、現在壇上伽藍(だんじょうがらん)が建つ場所まで行くと、そこに生える松の枝に、空海が明州で投げた三鈷杵がかかっていたという。

さきの狩人は狩場(かりば)明神、女神を丹生(にう)明神といい、この高野山の地主神だった。

そして816年、空海は「この場所こそが自分の求めていたところだ」と、ときの帝、嵯峨天皇に高野山の地を求め、認められて下賜(かし)されることになった。
すぐに空海は伽藍(僧院、修行の道場)の造営にとりかかる。
このとき、まず最初に建てたのが、狩場明神、丹生明神をまつるお社だったと伝えられる。
狩場明神、丹生明神という神に導かれた地、高野山を真言密教の修行のための中心的な場所として選んだ空海。

この逸話から、空海は仏教の教えだけでなく、日本古来の神をも同時に崇める「神仏習合」の思想を持っていたと考えられている。

835年 空海「入定」

高野山を根本道場として、真言密教の布教を願った空海。その思想の中心は「衆生済度(しゅじょうさいど)」だった。

衆生済度とは、

  生きとし生けるものすべてを
  迷い、苦しみから救い、
  悟りの境あ地に導くこと

を意味する。

仏教の本質は悟りを得て成仏すること、つまりは「仏に成る」ことで、仏様のような人格者になるということ。現在のように、成仏=死ぬことではなく、生きているあいだに「この身のままで仏と成る」を意味する即身成仏(そくしんじょうぶつ)を空海は唱えてもいた。

空海は衆生済度のために生き、また、死期をさとってからも、その姿勢を貫いていた。

そのことがわかるのが、いわゆる「入定(にゅうじょう)伝説」だ。

835年3月15日、空海は弟子たちに真言宗のその後の運営などを25箇条にわたって記した「御遺告(ごゆいごう)」を伝え、3月21日寅の刻に「入定」すると宣言する。

「入定」とは、永遠の禅定(坐禅瞑想)に入ることを意味する。

そして、実際にその宣言どおり、空海は未来永遠に迷えるもの、苦しむものを救済するために瞑想に入り、いまも祈りつづけている。

空海はあくまで「入定」したのであり、亡くなったのではないと信じられており、現在でも1日2度、奥之院御廟(ごびょう)に空海のための食事が供えられる。


聖地としての広がり

空海は25箇条の「御遺告」の中で、「われ、閉目ののちは兜率天(とそつてん)に往生し、弥勒慈尊(みろくじそん)の御前に仕え、50億余年ののち、必ず慈尊とともに下生(げしょう)せん」と告げている。

つまり、空海は弥勒菩薩が地上にあらわれるのに合わせて、自身も一緒にこの地に戻ってこよう、と、そう伝えたのだ。

この弥勒菩薩に対する信仰と、空海の「入定」信仰とがあいまって、高野山奥之院は「聖地」として見られるようになる。

平安中期からは藤原道長、頼通、鳥羽上皇、白河上皇など、皇族、貴族が奥之院へ参詣し、埋経(お経を埋めること)、納経、納髪、納骨するなどして、弥勒菩薩による救済を求めたり、自身の滅罪や往生を願ったり、先祖の供養をおこなったり、空海の「入定」信仰にあやかって現世での延命を祈ったりするようになった。

天下の総菩提所へ

時代がくだり、戦国時代からは、奥之院表参道に多くの石塔が建てられるようになる。現在ではその数20万基以上といわれる。

ここでは、真言宗を信仰していたかどうかを問わず、様々な人が、みな平等とされ、宗派の異なる親鸞上人、法然上人も供養されている。

名だたる戦国武将の塔も多く存在し、豊臣家、織田信長、明智光秀、石田三成、上杉謙信、武田信玄、などなど、敵味方はいっさい関係がない。

重要なのは、どの宗教、宗派を主に信仰していたのかではない。それぞれが生前に信仰していた宗派の菩提所、菩提寺があったとしても、奥之院は「天下の総菩提所」であり、生きとし生けるものすべての菩提所として、ここにある。

そう認められているからこそ、20万基を超える石塔が奥之院に存在しているのだ。

「お大師様」と慕われる弘法大師・空海とは?

唐で密教の奥義を授かる

弘法大師・空海さて、いまでも「お大師様」として信仰を集める弘法大師・空海とは、どのような生涯をおくったのか?

生まれは讃岐(さぬき)国(現在の香川県)と伝えられている。幼少の頃から将来を期待され、叔父の阿刀大足(あとのおおたり)の指導を受けながら、18歳で都(みやこ)の大学に入学する。

大学では官吏(今で言う官僚)になるための勉強をしていたが、仏教を志して2年余りで退学した。

退学のキッカケは、大学で学ぶ間に出会ったひとりの修行僧との出会いだったという。

その後、空海は24歳で親族、身内の反対を押し切って出家し、修行を重ねて31歳で遣唐使に選ばれ、当時アジアの中心だった唐の都、長安へ。

この長安行きが、空海の人生で最大の転換点となる。

31歳までの修行時代に、空海はそれまでの仏教に疑問を感じていて、密教への思いを熱くしていたのだ。長安には、密教を受け継いだ清瀧寺(しょうりゅうじ)の恵果阿闍梨(けいかあじゃり)がおり、その恵果から密教を本格的に学びたいと考えていた。

願い叶って恵果と対面した空海は、「あなたが来るのを待っていた」旨を告げられ、そのとき死期の迫っていた恵果から、密教のすべてを3カ月で伝授される。数千人の弟子を抱える恵果が、日本から来たひとりの僧を密教の正統な後継者とするのは、異例のことだったに違いない。

唐に渡ってから2年ののち、留学生に定められた20年の留学期間を無視して、帰国する。

この行為は死罪にも値するものだが、空海にとって、唐で恵果から伝授された密教を早く広く日本に伝えることこそが自身の役割だと、死をも覚悟しての行為だった。

日本仏教の中心的存在へ

嵯峨(さが)天皇帰国を認められた空海は、唐で授かった密教の奥義と、それにもとづく加持祈祷(かじきとう)の力によって、ときの帝、嵯峨(さが)天皇の信頼を得る。

同時期に唐に渡り、当時すでに名を知られた天台宗の開祖最澄(さいちょう)が、弟子とともに空海に密教の教えを求めたことも、空海が日本仏教の中心的な存在だったことを示している。

816年に高野山を下賜され、822年には東大寺に真言院を置き、823年には京都の東寺を真言密教の根本道場として賜っている。

空海が学び、世に広めようとした教えは、朝廷から認められた、価値の高いものだったことがわかる。

また、満濃池の改修にたずさわり、水難に苦しむ地域の人々を救うなどの功績から、いまでも「お大師様」と慕われている。

921年、空f海「入定」から86年を経て、醍醐天皇より「弘法利生(こうぼうりしょう)」(仏の教えを世間に広め、人々に利益を与えた)の業績を讃えられ、「弘法大師」の諡号(しごう)がおくられた。

藤原道長藤原道長の参詣により、復興をとげる

実は、高野山は開創から1200年の間、何度も存亡の危機をむかえている。その理由のひとつに、大規模な火事がある。

994年には大塔に雷が落ち、伽藍御影堂(みえどう)を残して全焼してしまったのだ。この当時、真言宗の中心は東寺や神護寺で、都から遠い高野山の復興は思うように進まなかった。

ところが、こののち、東寺長者だった仁海(にんがい)が、信仰心の篤かった藤原道長に「高野山に行けば生身の仏に会える」とすすめ、道長が参詣。荘園を寄進したことをキッカケに、皇族や貴族の信仰を集めることになり、復興が進んだ。

再びの大火も、平清盛により復興

平清盛1149年、またもや大塔に落雷し、伽藍が全焼する。このとき、鳥羽法皇から大塔の再建を託されたのが、平清盛だった。

清盛は、当時国司をしていた安芸(あき)(現在の広島県)の収入をつぎ込んで、1156年に大党を再建。この際、現在も伝わる「両界曼荼羅図(りょうかいまんだらず)」を金堂に奉納したと言われている。

この曼荼羅の一部、大日如来の宝冠部分は、清盛自身の頭の血を絵具に混ぜて塗ったことから、別名「血曼荼羅」とも呼ばれている。

また、大党が完成し、その様子を清盛が見に行ったとき、ひとりの老僧と出会い、「長く荒廃している厳島神社も修理されたら、あなたは他に並ぶものがないほど出世する」と伝えられたという逸話もある。

秀吉の信頼を得た木食応其が高野山を救う

豊臣秀吉戦国時代、多くの荘園を持ち、権力を持っていた公家や寺社は、大名によって領地を奪われ弱体化されようとしていた。

高野山も例外ではなく、仏教弾圧をすすめ、比叡山延暦寺を焼き討ちするなどした織田信長から目をつけられていた。本能寺の変によって一旦は難を逃れたものの、つづいて天下人となった豊臣秀吉から、全寺領の没収を通告される。

ところがこのとき、高野山の客僧だった木食応其(もくじきおうご)が秀吉と交渉する。すると秀吉は応其に逆に信頼を寄せるようになり、1521年に焼失していた大塔や金堂の再建に協力するまでになった。

諸大名との様々な関係

戦国時代から江戸時代にかけて、各地の諸大名は高野山内の寺院と師檀(しだん)関係、檀縁(だんえん)関係、宿坊関係を結ぶようになる。それぞれの意味はおおむね、各大名の領民が高野山に訪れる際には関係のある寺院に宿泊する、という専属契約のようなものだ。

もちろん、大名の中には弘法大師信仰、浄土信仰に篤いものもいて、納骨をしたり、先祖の供養塔を奥之院に建てたり、また、寺院に宝物を寄進することもあった。

中でも代表的なのは、徳川家光の命によって建てられた徳川家康、秀忠を祀る東照宮だ(徳川家霊台)。

Return to Top ▲Return to Top ▲