高野山について

年間120万人以上が訪れる一大宗教都市

img_kouyasan_01-01高野山は、紀伊半島の西側、和歌山県の北部に位置する。ただし、「高野山」という名前の山があるわけではない。この「山」は山号といい、仏教の寺院につける称号で、修行を行う霊山と呼ばれる山林の名前を寺院に付けることで、自然の霊力を得ようとするものと考えられている。

高野山においての寺院は、高野山真言宗の総本山、金剛峯寺のこと。現在では、豊臣秀吉ゆかりの青巖寺と興山寺を合併したひとつの寺院を金剛峯寺と呼んでいるが、弘法大師・空海が1200年前に開創してからこのときまでは、「一山境内地」といって、高野山全体を金剛峯寺と呼んでいた。

img_kouyasan_01-02
 
816年、真言密教の根本道場として、空海がときの嵯峨天皇から高野山の地を賜ってから、高野山はそれぞれの時代の朝廷、公家、戦国武将などに日本仏教最高峰の聖地として影響を与えながら、寺院を中心とした一大宗教都市として発展してきた。

2004年には、吉野、熊野と共に「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ここに息づく文化に顕著な普遍的価値があると評価され、ユネスコ世界遺産にも登録された。

古き良き日本建築、文化を感じられる場所として、年間約120万人の観光客を集める人気の観光地でもあり、海外からも年間1万人以上が訪れている。

見どころは奥之院と壇上伽藍

img_kouyasan_02-01高野山が海外からも多くの観光客を集めている、その魅力はなにか?

観光名所は大きく分けてふたつ。

ひとつ目は、弘法大師・空海の「入定」する奥之院。

奥之院は、そのもっとも奥に、高野山の二大聖地のひとつ「弘法大師御廟」があり、そこにつづく約2kmの参道とともに、世界遺産に登録されている。この参道に面して、樹齢500年と言われる杉木立がならび、また、弘法大師信仰から数々の墓碑、供養塔が建ち並んでいる。

墓碑、供養塔の中には、武田信玄、上杉謙信、豊臣秀吉、織田信長などなど、乱世を生きた戦国武将を祀るもの、戦没者や震災被害者の慰霊碑、企業墓地などがある。さらには、親鸞上人や法然上人、日本人だけでなく、外国の方の墓碑もあり、高野山が宗教、宗派、国籍、人種にとらわれず、すべての人を「みな平等」として受け入れる、慈悲深いところであることを象徴している。

ふたつ目の観光名所は、壇上伽藍を中心とした、寺院群だ。

高野山の中でもっとも代表的な聖地は、壇上伽藍(だんじょうがらん)と呼ばれる地区で、朱が目を引く根本大塔が象徴的に存在し、金堂を中心に、国宝の不動堂などが、曼荼羅世界を具現化するものとして建立されている。

この壇上伽藍地区が、空海が最初に拓いた場所であり、明州の港で投げたとされる三鈷杵がかかっていたと言われる松も、ここにある。
 
img_kouyasan_02-02高野山の参詣道として世界遺産に登録された「町石道」は壇上伽藍を起点にしている。奥之院御廟までの36町と参詣道の入口、慈尊院までの180町、その1町ごとに、町石と呼ばれる石塔が、参詣者の道標として立っている。この町石、かつては木の塔婆だったものが1200年代から五輪塔型の石塔に代わり、当時のままのものも残っている。

慈尊院からの町石道には、丹生都比売神社、丹生官省符神社などの名所もあり、歩いて参詣することも修行の一部と考えられていることもあって、現在でも徒歩で参詣する人は多い。
 
壇上伽藍にほどちかく、金剛峯寺に隣接する總持院など、子院と呼ばれる寺院も、高野山内には100以上あり、その中でも金剛三昧院には、国宝に指定され、世界遺産にも登録された「多宝塔」があり、一見の価値がある。

また、日本の国宝、重要文化財の多くも高野山内に所蔵されていて、その多くが霊宝館で見ることができる。

宿坊体験は外国人にも大人気!

img_kouyasan_03-01

高野山に訪れることがあれば、宿坊体験がオススメだ。宿坊体験とは、寺院に宿泊して、勤行や写経、阿字観という瞑想など、僧の修行の一部を体験すること。山内の52の寺院で宿泊客を受け入れている。

宿坊の予約は、高野山宿坊協会や大手旅行代理店でもできる。

実際に宿泊すると、夕食には生臭物などを一切使わない精進料理を味わうことができ、早朝の勤行に参加して心を清め、また、写経、阿字観によって自分を見つめ、向き合うことができる。旅館やホテルに宿泊するのとは違う、特別な体験となるだろう。

宿坊は純和風を体験できる、日本でも稀なものとして外国人観光客にも人気だ。

また、寺院によっては立派な日本庭園を持つところもあり、四季折々の風情を楽しむこともできる。

別格本山總持院も、宿坊体験ができる寺院のひとつ。

img_kouyasan_03-02夕食、朝食に供される精進会席は特に人気が高く、かつて人気コミック『美味しんぼ』にも取り上げられたことがある。また、平成二十四年には、財団法人 日本食品衛生協会から食品衛生優良施設として表彰されている。

案内や料理の配膳をしてくれる若いお坊さんの丁寧な対応も評判がいい。

写経も体験でき、また、朝6時からの勤行も参加が可能。

大小14の部屋と沐浴場(大浴場)、隨縁庭という大きな日本庭園も持ち、快適に過ごせ、心休まる体験ができる。

Return to Top ▲Return to Top ▲